TEL

足立区|寺田病院|胃大腸内視鏡|内科

日暮里・舎人ライナー
「扇大橋」駅前

ご予約・お問い合わせは 0120770874 または 03-3898-5231

MENU

内科

内科

当院の内科

2F 待合

地域に密着した医療を目指し、日頃の健康管理や体調不良(風邪、肺炎、腰痛など)、持病の管理(高血圧、心臓病、不整脈、糖尿病、肝臓病、骨粗鬆症、高脂血症など)の良きアドバイザー(かかりつけ医)として診療します。

当院では管理栄養士による栄養相談を随時受け付けております。ぜひ、ご利用ください(ご希望の際は、担当医にお伝えください)。

こんな症状はご相談ください(例)

  • 発熱
  • せき、痰、鼻水、喉の痛み
  • お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など)
  • お腹が張る
  • 吐き気、嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 胸痛、胸部圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 喉の異常な渇き
  • 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 発疹
  • 疲労感
  • 夏バテ
  • 急な体重の増減 など

内科の主な対象疾患

急性疾患
風邪症候群、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気)、尿道・膀胱炎、熱中症など
慢性疾患
生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、痛風(高尿酸血症)、メタボリック症候群等)、貧血、頭痛、便秘症 など

循環器内科

循環器とは、心臓から血液が送り出されて体じゅうの組織を巡る、その経路のことを言います。したがって循環器内科では、狭心症・心筋梗塞、心不全、不整脈などの心疾患や、動脈硬化、動脈瘤などの血管の疾患を対象とし、主に薬物による治療を行います。

循環器内科で扱う主な疾患

こんな場合はご相談ください

  • 血圧が高い。
  • 強い胸痛を覚える。
  • 胸に締めつけられるような違和感を覚える。
  • 歩行や運動時に胸が苦しくなり、休むと軽くなる。
  • 動悸がする(鼓動が速くなる、鼓動を強く感じる)。
  • 脈が乱れる、飛ぶ。
  • 息苦しくなる(特に横になった時)。
  • 以前よりも運動時の息切れがひどくなった。
  • 失神した(気を失った)。
  • 心電図や胸部X線検査で異常を指摘された。など

循環器内科で扱う代表的な疾患

高血圧

高血圧測定器

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です(診察室血圧140/90mmHg以上・家庭血圧135/85mmHg以上、家庭血圧を優先する――「高血圧治療ガイドライン2014」(日本高血圧学会)による)。高血圧を放っておくと、その高い圧力によって血管壁にストレスがかかり、動脈硬化が生じて心不全や狭心症、心筋梗塞といった心臓血管系の病気を招いたり、または脳出血、脳梗塞の原因になったりします。

不整脈

不整脈が発生する主な原因は冠動脈疾患、心臓弁障害、心不全、先天性心疾患などで、多くが心臓に起因します。しかし、心臓病等に関係無く、老化やストレス、睡眠不足、疲労などによっても不整脈は起こりやすくなります。不整脈は一時的なものが多いのですが、なかには注意を要し、詳細な診断と適切な治療が必要となるケースもありますので、不整脈を指摘されたり、不整脈が気になったりした際は、一度ご相談ください。

動脈硬化症

動脈硬化症とは、文字通り「動脈が硬くなる」ことです。進行すると高血圧を招き、心臓にも大きな負担が掛かって、心肥大・心不全などの心疾患につながります。また、血管が狭くなったり詰まったりすることで、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などを招きます。血管が破れて脳出血を引き起こすこともあります。そんな動脈硬化の進行を抑えるには、適度な運動、栄養バランスの良い食事、そしてケースにより薬物療法が必要になります。

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症というのは、血液中の脂質、具体的には「コレステロール」や「中性脂肪(トリグリセライドなど)」の濃度が慢性的に高い状態のことです。脂質異常症を放置すると、増えた脂質がどんどん血管の内側に溜まって動脈硬化の進行を促進してしまい、ついには心筋梗塞や脳梗塞の発作を招く原因となってしまいます。高血圧などと同様に自覚症状が無いため、健診などを利用して、早い段階で見つけることが大切です。

狭心症

狭心症

狭心症は、冠動脈(心臓の上に冠のようにのっており、心筋に酸素と栄養を供給している動脈)の血流が不足することによって、心筋が酸素不足に陥る疾患です。主に動脈硬化のために冠動脈の血管が狭くなり、心臓への血液の流れが一時的に滞るために発症します。狭心症を放置すると、やがて冠動脈が閉塞して心筋梗塞となり、生命にもかかわる状態になったりします。狭心症の段階で、しっかりと治療しておくことが肝心です。

心筋梗塞

冠動脈が詰まって血流が途絶えると、心臓の筋肉に酸素と栄養が供給されなくなり、やがてその領域の筋肉が死んでしまい(壊死)、心筋梗塞が発症します。心筋梗塞になると、激しい胸の痛み、重い感じ、呼吸困難、冷汗、嘔吐などの症状が現れます。心筋梗塞では、適切な治療を行い、閉塞した冠動脈の血流をいかに早く再開通させるかが重要です。また、心筋梗塞を予防するためには、動脈硬化の進行を防ぐことが大切です。

心不全

心不全とは心臓の収縮、弛緩機能が低下し、全身の組織に十分な血液を送り出せなくなった状態を言います。原因によっては症状が突然出現することもありますが、多くは疲れやすい、だるい、動悸がする、むくみなどの症状がゆっくりと現れてきます。心不全の初期には、平地を歩く時には何ともないのですが、階段を上ったり、重いものを持ったりすると、息切れが起こってきます。こうした症状が現れたら、一度ご相談ください。

心臓弁膜症

心臓の弁に障害が起き、本来の役割を果たせなくなった状態を言います。弁の開きが悪くなって血流が妨げられる「狭窄」と、弁の閉じ方が不完全なため血液が逆流してしまう「閉鎖不全」があります。症状には動悸や息切れ、疲れやすい、胸痛、呼吸困難などがあります。じわじわと進行するため、体が慣れて自覚症状が見られないケースもありますが、自然に治ることはないので、心筋の障害が進む前に治療することが大切です。

大動脈瘤

全身に血液を送っている大動脈は、人間の体内で最も太い血管です。大動脈にはいつも血圧が掛かっており、動脈硬化などで弱くなった部分があると、瘤ができやすくなります。血管壁が薄くなって膨らんでくる病気が動脈瘤です。大動脈瘤で怖いのは、何と言ってもその破裂です。一度破裂すると激烈な胸痛や大出血による意識障害などを引き起こし、致死率は80〜90%にも上ります。そのため、破裂前に治療するのが鉄則です。

閉塞性動脈硬化症

手足(主に下肢)の動脈が、動脈硬化によって狭窄や閉塞を来たし、末梢に循環障害を起こして、酸素や栄養を十分に送り届けることができなくなった病態を言います。進行とともに冷感、しびれ、足の痛み、潰瘍・壊死といった症状が現れます。動脈硬化は主に高血圧、脂質異常症、糖尿病などの慢性疾患や加齢、喫煙、肥満などが関わるため、全身の管理とともに、下肢の血流状態、および病態に合わせた適切な治療が必要です。

肝臓内科

肝臓内科

肝臓は“沈黙の臓器”と言われるように、問題が生じていても自覚症状の現れないことが多くて見過ごされやすいため、適宜検査をし、何らかの肝疾患が発見されたら、適切な治療を受けることが大切です。
当院の肝臓内科では、B型肝炎、C型肝炎などのウイルス肝炎をはじめ、脂肪肝などの不適切な生活習慣からくる肝疾患、肝細胞がん、食道・胃静脈瘤などを対象に診療を行っております。

肝細胞がんを早期発見するために

慢性肝疾患(慢性肝炎、肝硬変症)の診療については、個々の症例に応じた生活指導を行うとともに、定期的に腹部エコー検査や血液検査などを行い、肝細胞がんの早期発見に努めています。

肝炎ウイルス検査を受けたほうがよい方

肝機能検査では異常が無い場合でも、肝炎ウイルスに感染していることがありますので、一生に一度は肝炎ウイルス検査を受けることをお勧めします。特に、以下の項目に当てはまる方は、ぜひ検査をお受けください。

  • これまでB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス検査を受けたことが無い方。
  • ご自身のB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス検査の結果をご存じでない方。
  • ご家族にB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスに感染している方、肝がんの患者さんがいらっしゃる方。
  • 健康診断の血液検査で肝機能(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTなど)の異常を指摘されたものの、まだ医療機関を受診されていない方。
  • 母子感染予防策が実施されていなかった1985年(昭和60年)以前に生まれた方。
  • 輸血や大きな手術を受けた方。
  • 入れ墨、医療機関以外でのピアス穴開けをしたことのある方。

肝臓内科で診療する主な疾患と症状

A型肝炎

A型肝炎ウイルスにより引き起こされる疾患です。約1ヶ月の潜伏期間を経て発症し、発熱や倦怠感、黄疸などが現れます。多くは数週間の入院で治癒し、後遺症も残りません。症状は気づかないほど軽いケースもありますが、“劇症肝炎”と言って、命にかかわる病態になることもあります。日本人の多くが免疫を持っていませんので、東南アジアなどの流行地に渡航する際には、A型肝炎ワクチンの接種を受けるよう、お勧めします。

B型肝炎

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスに感染している人の血液や体液を介して感染することにより発症する疾患です。感染経路としては、母子感染や後天性の性的接触・輸血・臓器移植・刺青・針刺し事故などがあり、B型肝炎は感染した時期や健康状態によって、「一過性感染」で終わる場合と6ヶ月以上にわたって感染が持続する「持続感染」とに分けられます。持続感染している方が発病すると、B型慢性肝炎になります。

C型肝炎

C型肝炎は、感染している人の血液や体液を介してC型肝炎ウイルスに感染することによって発症する肝疾患です。感染すると70~80%の方が持続感染し、慢性肝炎から肝硬変、さらには肝がんへと進行する要因となります。C型慢性肝炎の治療は、従来は注射薬のインターフェロンが必須でしたが、その後、優秀な新薬が開発されたおかげでC型肝炎の治療は今や、経口薬による方法が主流となっています。

脂肪肝

肝臓に脂肪が過剰に蓄積した状態で、自覚症状はほとんどありません。健康診断の肝機能検査や超音波検査で指摘されて気づくことが多いものです。主な原因としては、常習飲酒、肥満・糖尿病・脂質異常症(高脂血症)、薬剤摂取などが挙げられます。脂肪肝が慢性化すると肝硬変、さらには肝がんにも進展する可能性がありますので、適度な運動や適切な食生活、節酒などを心掛け、脂肪肝を改善することが大切です。

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)

お酒を飲まない人が脂肪肝炎になり、肝硬変、肝がんへと進行するケースがあります。これは、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と呼ばれ、自覚症状もほとんどありません。主な原因は、肥満・糖尿病・脂質異常症、薬剤摂取などと言われます。治療には生活改善が大切で、低エネルギーで栄養バランスの良い食事を心掛け、適度な運動を取り入れます。それでも肝機能異常が治らない場合は、薬物療法が行われたりします。

肝細胞がん

肝細胞がんとは、肝臓の細胞(肝細胞)に発生した悪性腫瘍のことです。主な原因は、B型・C型肝炎ウイルスへの感染や非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、大量飲酒、喫煙などで、男性の方が発症しやすい傾向があります。初期には自覚症状がほとんどありませんが、進行すると腹部のしこり・圧迫感・痛み・張りなどの症状が現れてきます。血液検査や画像検査などで診断をつけます。

食道・胃静脈瘤

胃、または食道粘膜の静脈が膨らんで、瘤のようになっている状態です。詳しい発症のメカニズムは省略しますが、食道・胃静脈瘤の原因の約9割は肝硬変です。自覚症状はあまり無く、瘤が大きくなるほど出血の可能性も高くなり、一度破裂して大出血を起こすと、生命に関わることもあります。そのため、破裂する可能性が高いと考えられる静脈瘤については、破裂を来たす前に静脈瘤をつぶす治療を行うことが肝心になります。

Topへ