TEL

足立区|寺田病院|胃大腸内視鏡|整形外科

日暮里・舎人ライナー
「扇大橋」駅前

ご予約・お問い合わせは 0120770874 または 03-3898-5231

MENU

整形外科

整形外科

整形外科とは

整形外科

整形外科は、体の基盤となる骨や関節などの骨格系、およびそれを取り囲んでいる筋肉や腱、またこれらを支配している神経系からなる「運動器」、つまり体の動きに関係する諸組織・器官を診療し、その機能改善を目指す科目です。

当院の整形外科治療の流れ

患者様が来院されましたら、まずよくお話を聞き、必要に応じてレントゲン、身体所見の検査などを行って診断・治療いたします。
また、症状に応じて薬、注射、ブロック療法、ギプス固定などの処置を行います。リハビリテーションを行う場合は、他院をご紹介させていただきます。
手術を必要とする場合は、関連病院にご紹介させていただきます。

こんな症状はご相談ください

  • 肩や首が凝る。
  • 腕が上がらない。
  • 首、肩、腕、肘、手などが痛む。
  • 腰、股関節、膝、足、背中などが痛む。
  • ぎっくり腰を起こした。
  • むち打ち症になった。
  • 手や足などがしびれる。
  • 手指がこわばる。
  • 指を伸ばす時に引っ掛かる。
  • 突き指をした。
  • 捻挫、骨折、打撲、脱臼をした。
  • 切り傷、すり傷、やけどなどの外傷を負った。
  • スポーツ中にけがをした。 など

診療内容

  • 慢性疾患(腰痛、肩こり、膝関節痛、肘関節痛、股関節痛)
  • 外傷(捻挫、脱臼、切り傷)
  • 外傷(労災・スポーツ・交通事故)

スポーツ整形外科

スポーツによるけがはお任せください

スポーツのけがは、スポーツ中に生じた外力により生ずるスポーツ外傷(靭帯損傷、半月板損傷、脱臼・骨折等)などと、使い過ぎによる慢性スポーツ障害(疲労骨折、投球障害肩・肘障害、シンスプリント等)に分類することができます。使い過ぎについては、身体的な特徴やそのスポーツ独自のフォームによる誘因が大きく関与しています。
スポーツで負ったけがの治療は、一般の整形外科における治療とは異なる部分があって、やや特殊です。そのため、この分野に関する知識と経験が豊富な整形外科医にお任せいただいたほうが安心です。

サーフィン
K1

早めにご相談ください

治療においては、けがからの早期回復および今後の予防に重点を置き、重症度、年齢・性別、種目、ポジションなど、その方の詳細な要素を十分に考慮いたします。
スポーツや部活動でけがをなさったような場合は、とりわけ「初期治療」が大切になりますので、早めにご相談ください。

スポーツによるけが
主なスポーツ外傷/スポーツ中に生じた外力による組織の損傷
  • 突き指
  • 打撲
  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 切り傷
  • 半月板損傷
  • 靭帯損傷
  • 腱断裂
  • 肉離れ など
主な慢性スポーツ障害/同じ動作の繰り返し(使い過ぎ)によって起こる障害
  • 投球障害肩
  • 肘障害
  • テニス肘
  • テニスレッグ
  • ゴルフ肘
  • ランナー膝
  • シンスプリント
  • ジャンパー膝
  • アキレス腱炎
  • 疲労骨折 など
保存的治療と手術的治療

治療法は、保存的治療と手術的治療の2種類に分類できます。たとえば、使い過ぎに対しては、原因の検索・改善・予防の指導を行います。時として靴療法等の保存的治療を行います。スポーツ復帰が見込めず、手術が必要な場合、当科では肩、肘、膝、足などの関節鏡を積極的に活用し、低侵襲(負担が少ない)で正確な手術をお勧めしています。

スポーツのけがで大切なこと
安静
練習量を減らしたり、2週間程度完全休養したりするだけで治ってしまう疾患もあります。ある動作で痛ければ、ある程度スポーツ活動を制限することが必要です。
アイシング
練習後、アイスバッグや氷で患部をまんべんなくアイシングし、血行の改善等を良くすることが大切です。患部を15~20分冷却します。低温熱傷を起こすといけませんので、アンダーラップ等で皮膚に直接触れないようにしましょう。
外用薬
症状を抑える塗り薬は大切な治療法です。1日に3~4回ぐらいは塗りましょう。
テーピング・サポーター
けがの再発や予防の対策として、テーピングやサポーターで患部を保護することが効果的です。テーピング・サポーターは場所やけが、スポーツ時、安静時により当然固定が異なります。医師やトレーナーとよく相談してください。
ストレッチング
時期を見て行う、症状に応じたストレッチングは、予防や治療に非常に重要です。
筋力トレーニング
患部を休ませ、他の筋力トレーニングを行うなど、いろいろなバリエーションが考えられます。ストレッチングや筋力強化は、けがや痛みに効果的です。
パフォーマンスチェック
バイオメカに基づく理論的なフォームをきちんと身につけましょう。フォームを矯正することで、スポーツ障害の予防ができることも多々あります。
スポーツによるけがの予防法
運動前にウォーミングアップを行う
運動前にウォーミングアップをしっかりと行うことによって、関節や筋肉の柔軟性が高まり、けがをしにくくなります。きちんと準備体操から始め、柔軟性を高めるストレッチングも入念に行いましょう。
正しいフォームを身につける
間違ったフォームでスポーツを行うと、筋肉や骨に無理な力が加わって、けがをしやすくなります。正しいフォームを身につけ、体に無理を掛けないようにしましょう。
水分を補給する
スポーツをすると、体温を下げようとして汗をかくので、体内の水分が不足します。すると集中力が低下して、けがをしやすくなります。運動前・運動中には、水分を十分に補給しましょう。
オーバートレーニングに注意する
オーバートレーニング(運動の行い過ぎ)は、かえってトレーニング効果を下げるだけでなく、疲労骨折などの原因にもなります。運動の前後、あるいは運動中に苦痛を感じたり、体に力が入らなくなったようなときには、運動強度を下げたり、休みを入れたりするようにしましょう。
運動後にクールダウンを行う
運動をした後は、必ず疲労が溜まっています。また、運動による負荷や衝撃も体の各部分に残っています。こうした疲労や負荷は、スポーツ障害の原因になります。そのため、クールダウンはスポーツ障害の予防に不可欠なのです。運動前のウォーミングアップと同様に、運動後のクールダウンもきちんと行いましょう。
Topへ